CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
時計
MOBILE
qrcode
| main | PhotoshopCS4マシン製作//#2・パーツ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PhotoshopCS4マシン製作//#1・前ふり
 えっと、メインのブログがアダルトオンリーなため、
ちと中身と方向性が違うのでこっちにお引越しすることにしました。
当分はPC自作日記とかアダルトっぽくない話題で使おうかなとか思ってます。

中身はDFDに書かれていたものと同じです。


 おいらは趣味ってほどではないかもですが、今はPCも自分で作ってます。

OSXにまったく馴染めずMacからWINに乗り換えてからずいぶんたちますが、
その間に最初は友人製作、二機目は自作でと、二台のお絵かきマシンを使ってきました。
でまあ、昨年発売された話題のPhotoshopCS4を体験版で使ってみたんですが、
わかったのは、ペンツールの使いやすさ等、常用したいと思わせる反面、
マシン性能…主にグラボ方面で、現在の環境ではまるで歯が立たなかったことですた。

今まではPhotoshop7を使ってきたんですけど、CS4から64bitネイティブになって
メモリ上限が格段にあがって、これでメモリ一杯積める鯖/ワークステーション系
マザーが生かせるか…と思いきや、現時点の環境ではグラボがレガシーな
AGPのためOpenGL機能すら使えず、結局回転ツール等は体験できませんでした。
正確には2D機能に特化した、OpenGLが不自由なカードを使ってたからなんですけどね。

でまあ、今度マシン新調するならCS4を普通に扱えるのにしようと漠然と考えてたのを
今回CS4の64bitネイティブ化を機に、いよいよ実行に移そうと思い立ったわけでして。

それをわざわざいつもイベント情報や絵とかを貼ったりするくらいのこのブログで
取り上げようかと思ったのは、CS4ではマシンスペックが格段に要求されていて
これからその為の新調を考えていたり、まだ導入へ二の足を踏んでる人へ
かなり偏ったヘンタイ的なアプローチですが、こういったメモリオリエンテッドな
マシンも今後はアリかもという一例を提示してみたかったというのもあります。
もちろんここまでのスペックが実際に必要なのかって問題もあるでしょうけど、
そういった必要か必要じゃないかってのは、メモリ大量割り当ては本当に
CS4の運用に有益なのかといった実験的意味合いとかも含めて、
もはや趣味の領域とも言えるので、今回はあえて無視しています。
上にも書きましたが、恐らくまだ今回のような64bitOS前提なアプローチの
マシン作りをしてる人はあまりいないと思うので、自作趣味半分人柱気分半分で
レポートしてみることにしました。合間合間にちょこちょこ書いていきますので、
思い切り不定期更新になると思いますが、よかったらお付き合いください。
そんなこと書いてるよりとっととげんこやれという方も少なからずいらっしゃると
は思いますが、どうか大目に見てやってくださるとうれしいですm(_ _;)m

今回作るマシンのメインテーマ…というかコンセプトは
「64bitVISTA&CS4の恩恵を最大限に生かしてDDR2の
安さにつけ込んだ大容量メモリ搭載マシンを作ってみる」
です。


そして裏コンセプトは…
「現行マシンのZippy電源他がなかなかにうるさいので、
電源変更+HDDも減らしてもちっと耳に優しいマシンにしたい」…です(;▽;)/

32bitOSを使い続けている以上付きまとっていた4Gの壁。
GavotteRamdiskが登場して、だいぶ改善はしたんですけど、
これにしてもCPUリソースを結構食われるらしい等、完全ではない。
それよりもPhotoshop自体が32bitに縛られて3Gあたりの上限から
いつまでたっても抜けられないという現状が、CS4から64bit対応になり
劇的に改善されてメモリを積んだら積んだ分だけアプリに反映される。
しかも今はDDR2メモリが安くて、大量に導入したとしてもコストはさほど
かからないという状況が今回のマシンの方向性を決定付けました。
元々鯖系マザーを使い続けているのもあって、信頼性からしてもメモリ搭載量
からしても、この方向性はしっくり来たといいますか、元鞘といいますか…。

■以下は今回導入予定の基本パーツ構成です。

【CPU】AMD Opteron 2376 ×2
【CPUFAN】Scythe 刀3 ×2
【M/B】Tyan Thunder n3600M (S2932-E) 
【VGA】Palit GTS 250 2GB (NE3TS250FHD42)
【MEMORY】Transcend TS256MQR72V6U ×16
【SATA-RAID】玄人志向 SATA2RAID-PCIX
【SAS-RAID】LSI Logic MegaRAID SAS 8408E
【DVD-SLIMDRIVE】SonyNEC AD-7590A
【SSD】MTRON MSD-S6035032NA ×2//SAMSUNG MCBQE32G5MPP-0VA ×2
【SAS-HDD】Seagate ST973451SS Savvio15K.1 73G ×2
【SATA2-HDD】Seagate ST9500325AS
【RAMDISK】ACARD ANS-9010 & Transcend JM800QLU-2G ×8
【CASE】Chenbro SR10565
【POWER SUPPLY】ENERMAX EIN720AWT-JC
【Enclosure】Enhance QuadraPack Q14SS//DIRAC DIR-2221-SATA
【OS】Windows VISTA Business 64bit
※今後実際組む過程で変更もあると思うのであくまで暫定で。

パーツ構成見ただけで、だいたい方向性が読めるかと思います。
このアホはどんな変態マシン組むつもりなんだか〜ってことも。

まあ、もともとはCorei7で組むつもりで考えてたんですよね。
でも性能的にはCore2と比較して劇的に差があるってほどでもないというのと
トリプルチャンネル導入でメモリスロットが6本になり、4Gメモリを導入すれば
24Gまでは搭載できるとはいえ、いかんせんDDR2と比べてDDR3はまだ高く
ましてや4GメモリーはDDR2にしろかなり割高なこと、そしてi7がハイエンドという
位置づけだけに総じてマザーが高く、導入予定だったスーパー●のX8SAX
今回導入予定のマザーとは価格がほとんど違わなかったと言うこと、
安いDDR2構成でも4Gメモリ6枚で6万強と比べて2Gなら16枚でも同程度etc…
ぶっちゃけ意外と高コストなi7よりはもっとメモリがたくさん積めるマシンを作りたいと。
その段階で今回のOpteronマシンに予定が切り替わったわけです。

XEONはNehalem-EPが未発売なのと、現行モノだと電気食い&高発熱の
FB-DIMM対応なので電源が厳しい+16枚スロットのスーパー●X7DBi+
E-ATXよりまだ大きい特殊サイズで、搭載できるケースの選択肢が非常に狭い。
3G超えの高クロックCPUがあるのは魅力だが、お値段もそれなりにメチャ高い。
こんな理由から選択肢から外れました。個人的にAMD贔屓ってのもありますが、
イスラエル産Coreと違ってオレゴン産は電気もそれなりに食うし、i7のように
いまだH/Tにご執心なあたりPentium後期の迷走再びっぽい印象が〜(笑)
FB-DIMMからDDR3に戻るからか、スーパー●の対応マザーを見るに、メモリ
スロットが18本ってトンでもマザーもあったりはするけど、DDR3のECCregなんて
まだ国内市場にはまったく出て来てないし、8Gメモリ使うと最大144Gっていう
夢の数字なのは、確かにかなり魅力的…とはいっても、そのDDR3な8Gメモリって
いったいいくらなのよ〜(;▽;)(ちなみにDDR3なECC/Regは現在2Gで2万円強)
…これは現時点で底値に近いDDR2採用でC.P追求してるおいらの構成と違って
現時点ではもっと余裕があるような方の買うものかな〜と思います。

余談ですが先日秋葉ジャンパラで中古X7DBi+が24Kで売ってるの発見。
でも本当にでかいマザーで、ケース選択って段階でそもそも使うのが無理っぽいすね。

閑話休題。

レイヤー多用&複数ファイル同時立ち上げで作業することの多いおいらには
作業領域はあればあるほど欲しかっただけに、実メモリ32G+仮想領域16Gな環境は
上を見たらきりがないとはいえ、いつかメモリを潤沢に使って作業をしてみたいと
考えていた理想が64bit化+メモリ価格破壊によってとうとう実現可能になったと。
今回の構成でも突っ込みどころは色々とあるかな〜とは思うんですけど、
そこはまあ、それはそれ、そういうのは自作のお楽しみ部分ということで。

パーツは上記のものはほぼ揃いました。
いくつかのパーツは中古だったりオクで買ったりで格安入手。
揃うまでに時間がかかったせいで、いくつかのパーツに関しては
新モデルが出たり価格改定が起きたりで凹むことも多々あったり(;▽;)
特にグラボとCPUは…orz



これは今回集めたパーツほぼ全部の写真。
たった1台のためにこんだけの量になるとは…(;▽;)

次回は各パーツについてなどを…
 
 
| PC日記 | 16:44 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:44 | - | - |
コメント
>OMAさん
7は当初より導入予定だったのです。
現在β64bit版を鯖に入れて使ってるんですけど、
7でもまだXPに比べると使い勝手が悪い部分が多々あるので、
ましてやVISTAとなるとどうなるのやらと。
7だとしても不安がいっぱいですねぇ。
でも64bitのため我慢しますですよ。

Nehalem-EPはもう少し色々と安ければなあと思います。
でも調べたら性能面はともかく使えるマザーも
意外と少ないのでそっちでだめかもです。

>デュアルCPU構成のマザボはそういうの多いですよねぇ
まあ、オンボードVGAもありますしワークステーション前提でも
なさげな構成なので致し方ないんですけど…せめて
PCIXトンネルの帯域下げてもいいからX16の一個くらい欲しかったス。

Nehalem-EPにはサウス二個付けなんてPCI-Exレーンを湯水のごとく
使えそうな化け物じみたのもあるんすけど
いかんせんマザーが大きすぎますorz
| あるぴ〜ぬ | 2009/04/23 7:32 PM |
ありゃ、そうなんですか。
確かにデュアルCPU構成のマザボはそういうの多いですよねぇ。

しかも×8とは・・・
| OMA | 2009/04/13 10:40 PM |
OMAさんはじめまして。コメントありがとうございます。
こんな変態マシンに興味持っていただきどうもです。
今ちょっとアレなのでちゃんとしたお返事はまた改めてしますのですけど、ちょっとだけお返事を。

今回のマザーってx8がたった2レーンしかないので
SLIはまったく不可能なんですよ〜。
| あるぴ〜ぬ | 2009/04/13 12:16 AM |
DFDの日記から失礼します。
リリマジにも行かせていただきました。
新刊楽しみにしています。

私も自作ユーザー(そもそも1台目から自作だった)こともありかなり興味をそそられる内容ですw
しかもかなりの変態構成!(褒め言葉です)
わたしもこういうの大好きですwwwwww

やはり同じようにFB-DIMM等の未完成な部分やDDR3の価格など気になるところがあってなかなか新しい物を組む時期が決まらないでいるので参考にさせていただきたいと思います。
(というのもAMDのCPUやnForceマザーを使ってる人間が自分のまわりに居ないもので・・・)
ただ個人的にはwidows7がよさそうなのでそれまで待つのもありかと思っています。
実際HD4850とwin7の組み合わせではβでありながらそこそこのスコアを出しているという話も聞きますし。

個人的な意見ですが、やはり64bitのCPUはAMDにアドバンテージがあると思うので実際使ってみた感想なども聞いてみたいです。
個人的にはせっかくnForce搭載マザーなのでSLIもやってみて欲しかったり(マテ

それと余談ですが、Nehalem-EPのXeon搭載マシンの店頭デモが開始されています(私が見たのは秋葉原のT-ZONEです)
お時間があれば見てみてはいかがでしょうか。

ではでは
| OMA | 2009/04/12 1:28 PM |
コメントする